パイロットになりたい高校生の君へ




昨日の記事「なんで国際線のパイロットになりたいのよ?」では、なんで国際線のパイロットになりたいの?海外行きたいからだけではダメだよ。笑…って話と、国内線も悪くないぞ?って話をしました。

今回はフォロワーの中に何人かいらっしゃる、高校生に向けた記事です。

具体的には、「現在高校生なんだけどパイロットになりたい。どうしよう?」って人に向けた記事。

頑張って書いたので読んで下さい笑

パイロットになりたいけど…進路どうしよう?

高校生でパイロットを目指している君が、直面する問題って言ったら…進路ですよね。笑

「どうやったらパイロットになれるのか、免許やなりかたについて説明するよ」でも話しましたが、結局パイロットになるって免許を取ればいいので、究極ソース(どこで取るか)はどこでも良いんです。

となると、君には上の記事にあるソースのどれでも選べるわけです。

若いって素晴らしい。笑

そんな君へのアドバイスはこちら

…コースなんてどれでも良いから、後悔しないような生き方をすればOK!

適当に言っているわけではないです。本当にそう思っています。笑

正確にはどのソースを選んでも、「あーあっちのソースしとけばな〜」とか思うわけです。なら、選んだ場所でしっかり努力しようよって話です。

例えば僕は、航空大学校を大学2年生の時に受けましたけど、やっぱり自社養成を受けなかったことをたまーに後悔します。笑

けど、まあ後悔してもしゃーないし。

「あっちの方選んでおけばな…」と思ってもそれは「今の僕」の人生ではないので、すっぱり諦めて「今の人生」を頑張って生きるしかないんですよね。

なんでもいいけど、戦略は必要。

正直ソースなんてなんでもいいんですが、やっぱり各ソースのメリット・デメリットはあります。

記事はこちら→「パイロットの成り方について、各ソースのメリット・デメリットを独断と偏見で書いたよ笑」

ここで関わってくるのが、「お金」「時間」そして「フェイルのしやすさ」です。

まず各家庭環境や事情があると思うので、お金についてはよく親と相談してくださいね。

ちなみに僕は当時東海大学のパイロットコース進学を少し悩んでましたが、親に相談したところ「冗談じゃない」と一蹴されました笑

私立大を高校生の時から目指せるって、すごくありがたいんだよ。うん。

大まかな人生戦略を立ててみよう

大まかな人生戦略をたててみましょう。

ここで大事になってくるのが、「私はどの程度パイロットになりたいんだろう?」ってことです。

正直高校生の時の僕はそーでもなかったので、普通に大学に進学しました。笑

でも大学に進学したあとも、やっぱりパイロットぐらいしかなりたい仕事がなかったので、航空大学校を受験→ダメだったら自社養成→それもダメだったら他の仕事をする!っていう1つの戦略を立てたわけですね。

君には君の事情があるので、頑張って今後の人生について考えてみてください。

親や友達、もしくは僕に相談してもいいでしょう。他の人の意見ってたまには参考になるもんです。

どのソースにするにしても、努力は必要。

大まかな人生プランニングしましたか?

そしたら必要なことを書き出してみましょう。

これも人によって、必要なことは違うでしょう。ただ僕から言えることは1つ。

どのソースを選んだとしても、努力は必要です。

勉強をしないでパイロットになろうとしても、絶対挫折をします。

健康管理をしないでパイロットになろうとしても、絶対挫折をします。

具体的には理数系の勉強(基礎物理と基礎的な数学)、英語力、そして健康はどのソースを選ぶにしても絶対必要なので、是非高校生のうちから磨いておくとのちのち楽ができます笑

あと航空身体検査(1種)は早めに受けといたほうが良いかもしれません。

生まれつきパイロットには適してない人って、やっぱりいます。(特に日本は厳しいのでなおさらです。)

そういう方は、しょーがない。日本で飛ぶことをあきらめるか、パイロットを諦めるしかありません。

ただ視力緩和みたいに、いきなり基準がゆるくなる可能性もあります。だからアンテナは張っておいてください。(昔はメガネかけてはダメだったけど今は全然大丈夫みたいに基準って変わるんです。)

以上、パイロットになりたい高校生の君に贈る言葉としては…

大まかなライフプランニングをして、勉強して、健康に生活しよう!

って話でした。(説教臭くてすみません笑)

これぐらいは読んでおくといいかもね。

ではまた。




4 件のコメント

  • ブログ読ませていただいております。
    今年パイロットを受験するものです。
    筆者さんの記事を読み今年受験する航空大学校と自社養成への勉強をさせていただいております!
    私も筆者さんと同じフィールドで働けるよう、このブログで学びたいと思います。
    読まさせていただいている身でありながら恐縮ですが、ブログ頑張ってください!楽しみにしています!
    そしてたくさん吸収いたします!

    • コメントありがとうございます!
      すごく嬉しいです。励みになります。
      とりあえず100記事ぐらいまでは毎日更新しようと思うので、頑張って見てください笑

  • こんにちは記事を読ませていただきました。パイロット志望のものです。現在、大学受験勉強をして志望校を決定中で、進路の選択として東海大学の工学部航空操縦学科を目指そうか、国公立大学に進学しその次に航空大学校へ進学をするかと言う選択に迷っています。前の記事で航空大学校や私立の大学のメリットを見たのですが、私的には、国公立大学に進学をして航空大学校に進学をと考えていますが、やはり航空大学校は毎年のようにレベルや倍率が高く、大学進学後に航空大学校に入学ができるのかが不安です。そう考えると、大学生のうちから東海大学のような専門的な学科にハイリスクながらも入学をしパイロットを目指すべきなのか悩んでおります。匿名パイロットさんはどの様に思いますか?意見をいただけたら幸いです。

    • ともたんさん、コメントありがとうございます。
      僕がともたんさんの立場だったら、たぶん同じようにすごく悩むと思います。
      結局自分の人生なので、ご自分で決めるしかないとは思うのですが…僕だったら東海大学に行きますかね。
      どうしてもパイロットになりたいならばですが。
      いつぞや書いたかと思いますが、パイロットは結局免許を取らないとはじまらないので、できるだけ早く取っておくに越したことはないです。
      たぶん就職状況について憂慮されてるかと思いますが、これは航大でも私立でも「経済状況が良ければ就職できるし、悪かったら就職口がない」って感じなので、今悩んでも結局将来の経済予測なんて出来ないことから無駄な悩みな気がします。
      ただ免許さえ持っていれば海外に活路が見つけられたり、他の仕事(地上教官等)しながら虎視眈々と狙うことも出来ます。

      逆にパイロットじゃなくても、色々な職業面白そうだなってなっているのだったら航大だと思います。

      以上で僕の回答とさせていただきます。
      どちらにしても、健康と学力は最低限必要なので、勉強がんばってください。
      コメントありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です