【謹賀】目標の立て方について【新年】




あけましておめでとうございます!

2018年4月にこのアカウント→(@bokura_sora)を作ってからはや9ヶ月。
フォロワーも3500人を超えてきて嬉しい限りです。

今年もほそぼそと、このブログを続けていければなと思います!
よかったら見てね。

さて皆様、正月はいかがお過ごしでしょうか?

このブログを見ている人は、学生さんや受験生が多そうなので、皆さん勉強していると思いますが…

僕の正月は、twitterにも書いたとおり

12月28日〜31日の夜までフライト
→1月1日だけ休み(日帰り帰省をかましました。)
→1月2〜5日までフライト

という鬼畜スケジュールによって、儚くも一瞬で過ぎ去りました。笑
やっと今頃になって、撮りためた正月番組を見ながら、体の疲れを癒やしています。(お酒も飲まずに寝正月です。)

世間が正月を楽しんでいる中、お酒も飲めずにただひたすら粛々とお客様を運ぶ私の精神状態は、もはやドMの境地に近いですが、慣れると少し楽しくもあります。(というかこの仕事は正月もお盆も関係ないしね笑)

…ということで、新年といえば目標を立てるいい機会ですね。

別に僕は何を成し遂げたわけでもないのですが、「新年の目標は?」とか「目標の立て方ってどうしてます?」みたいな質問がちらほら来たため、こちらでお答えします。(DMもしくはこちらのコメントでも質問お受けしてます。多忙にて返事は遅いですが…)

まず目標を新年に立てる必要はない。

そもそもですが、新年に目標を立てる必要はありません。笑

いや、いきなり「新年といえば目標を立てるいい機会ですね。」とか4行前で言っておいてなんやねん!(*´ω`*)
ってなるとは思いますが…笑

目標を立てることはいいことです。

ただ目標は新年だから立てるのではなく、その都度適切なタイミングで、立てる必要があるって話です。

そもそもですが、あなたに1年後の未来は見通せますか?

僕もまさか、ブログやtwitterアカウントを開設してそれが大きくなるとは、1年前に思ってませんでしたし、そもそも目標なんてその時期やタイミングによってコロコロ変わるものなんですよ。

皆さん(僕も含めて)1月に1年の目標を立てますが、結局そのあと12月になったら、なにを目標にしたか忘れてるでしょ?笑(僕だけかな?)

ただ、目標を立てることはいいことだ。

上でも言ったとおり、目標を立てることはいいことです。

しかしながら、適切なタイミングで、具体的に立てる必要があります。

ポイントとしては

①期日を作ること
②行動指標まで落とし込むこと
③評価基準をつくること

があります。それぞれ詳しく見ると

①期日を作ること

期日がない目標は、目標ではなく「願い事」です笑
「何月何日(もしくは2週間後、1ヶ月後)に〜をする。」っていうふうに決めましょう。

②行動指標まで落とし込むこと

これができてない可能性が高いです。
たとえば

☓「数学をできるようにする。」→○「数学のこの分野を、青チャートで何周する。」

☓「英語をできるようにする。」→○「この参考書を〜日までに2周する。」

といった感じ。

どうやって行動指標まで落とし込むのかについては、「マインドマップ」や「マンダラート」を使ってみましょう。

マンダラートは大谷翔平選手が使っていたということで有名ですね。→「NAVER

③評価基準をつくること

目標の種類にもよりますが、試験を使うと効果的です。

たとえば「英語を勉強する」→「TOEIC○点以上にする」、「英語能力証明 LEVEL4以上にする」などです。

ポイントは、できたかできないかがはっきりとわかるようなものにすることですね。

この評価基準は、高すぎても低すぎてもだめです。

①で言った期間内に、ぎりぎりできそうなラインを評価基準にするといいと思います。

とは言っても、目標を決めるのがめんどくさいあなたへ

ぶっちゃけいい目標を立てるのって時間がかかります。

人生がかかった勝負(例えば就活や受験など)は、もちろんちゃんと目標を立てたほうがいいですが、そういうのがない限り人ってなあなあで生きてしまうもんです。(僕も副操縦士昇格してからあまり挑戦しなくなりました。)

そういうときはお風呂にでも浸かりながら、「これからの人生をなにをして生きたいのか」ってことをしばし考えてみましょう。

自ずと目標がふわっと出てくるはずです。(たとえば僕は、「パイロットを生きるための仕事ではなく、自分のライフワークとして楽しみながらやりたい」となりました。)

そのために必要な「習慣として身につけたいこと」を、行動指針として採用すればいいんです。

具体的に僕がやってること

目標→行動指針→期日と評価設定

でもいいですが、たとえば1月ごとに行動指針を分割するのもいいと思います。

例えば1月の目標として

目標「痩せたい」
→行動指針「20回Nikeの筋トレアプリで筋トレを行う」
→期日と評価設定「1月で20回やればオッケー」

みたいに。(意識低すぎ?)

さらに効果を高めたいなら、

行動指針「食事制限で夜に白い精製した炭水化物や糖質を取らない。」
評価設定「30日で5kg」

みたいに、行動指針を増やしていけばいいんです。

他には「DMM英会話を20回受講」、「英語の教科書を1冊読破」、「本を10冊読む」、「ブログを10エントリー書く」など書いています。

この行動指針をメモにでも書いておいて、スクショしてスマホの待受画像や待機画像にでもしておきましょう。

嫌でも毎日見るので、やらなきゃって気持ちになります。笑

行動しないよりは行動したほうがいい。

結局は行動するしか目標は達成されません。

その行動指標も、最初にちょっとだけやってみて、それから「1月の行動指標」みたいにやってもいいんです。(だってどれだけキツいかやってみないとわからんでしょ?)

とりあえず、行動指標としてつくったならば「毎日・粛々と」それを行っていくだけです。

その先にやりたいことの達成が待ってると、僕は思います。

以上、拙い上に「当たり前じゃん」って内容ですが、目標の立て方についてでした。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です