ええ!パイロットなのに、そんなお金の知識しかないのかい!?




いきなりですが、パイロットは高所得者です

別にこれは僕が言っているわけではなく、政府が言っています。

所得税改革で年収800万円超を「高所得者」へ 個人消費に対する影響懸念も格差是正を優先

政府によると、年収800万以上は高所得者扱いらしいよ。これ以上税金あげてどうするんだまったく…

個人的な意見としては、800~1200万ぐらいまでは別に、高所得でもなんでもないと思っています。笑

生活水準もそんなに変わりません笑

まあとりあえず、国内のエアラインのパイロットだったら、800万は絶対超えているでしょう。キャプテンだったら2000万ぐらいはいくんじゃないかしら。航空大学校の飛行教官だって準公務員みたいな扱いですが、年収1000万はたしか超えていたはずです。

まあ、パイロットの懐事情については別記事を書きますが、今回言いたいのは…

みんな、お金の知識なさすぎじゃね?

お金の知識、持ってますか?

例えば、iDeco、NISAって知ってますか?

ふるさと納税、してますか?

そもそも確定申告してますか?笑(年収2000万を超えているそこのキャプテン、本当はやらなくてはいけないんですよ?笑)

あまりに無知な方が多すぎます。高所得者(=高額納税者)なのに、無知すぎます。

かと言って僕と同年代の人たちでも、もともとそういったリテラシーが高い層(この人たちはアンテナ感度高いので、だいたいどの業界でも有能です笑)を除くと、あまり知っている人がいないように思われます。

もったいない。非常にもったいない。

お金の知識不足は、完全に教育不足

まあでも、仕方ないんですよね。無知でも。学校では習わないし。そもそも僕達の親世代だと、バブルのせいで投資=悪みたいな概念あるし。

元来日本人って、マネーリテラシーめちゃくちゃ高かったんですよ。

けど戦後教育で、「お金は投資するものではなく、銀行に預けるもの」という教育がなされてきたんですよね。

いまだにその戦後スキームから、抜け出せてない人多数。

政府も今更「やりすぎたなw」と思ったのか、iDecoなりNISAなり打ち出してきているけど、まあ説明不足甚だしい笑

僕(私)今そんなに給料高くないし…

聞こえる。聞こえるよ!

「今は学生(もしくは社会人○年目)でそんなに給料も高くないし、お金の知識がなくても大丈夫じゃないの?」って声が。

むしろ逆。お金の知識がなかったらお金を無駄に払います。

2000万超えてるキャプテンが10万損したところで屁でもないが、これをまだろくに給料もらってない訓練生がやったらどうなのよ?僕だったら鬱になります。笑

お金の知識はお金儲けに使うのではなく、お金を取られないように使うのです。

ちなみに僕は航空大学校の最後の方から、積立投資しています。もっと早く始めればよかった。

お金はパイロットになるのに必要

昨日のブログ「この世にタダなものはあるのか?」でもとりあげましたが、とりあえずこの世にタダなものはありません。

これも別の記事に書きますが、ましてやパイロットになるのって、お金が凄くかかります。

高校生の君、お金を少しでもためておこう。絶対にいいことが将来ある。

大学生の君、そのお金を少しでもいいから運用しよう。

訓練生の君、昔少しでも貯蓄していれば…と思う時が来るでしょう。

社会人の君、お金の大切さはわかっていることでしょう。武器(=知識)を身につけるのです。

最後に

ここまで言ってますが別に、僕はお金の知識がめちゃくちゃあるってわけではございません笑

ただ1人のサラリーマンとして、これ知らないのってどうなのよ?って思うことや、これおすすめだよ!って思うことをただひたすら書こうと思っています。

他にもこんなこと書いてくれ!ってことありましたら、コメントか上のお問い合わせからメールください。

よろしくお願いします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です