パイロットとお金、結婚について




前回の記事はこちら→「JALのLCCについて(その3)

note書きました。「あまり言えない、パイロットの給料と転職について

最近周りの結婚式に参列することが、また多くなってきました。めでたいことです。

今でこそ、そこそこお給料をいただけているので、別に結婚式に参列することは恐ろしくないのですが、昔恐ろしかったのが「訓練生のときの結婚式。(に伴うご祝儀貧乏。)

パイロット訓練生のジリ貧生活

パイロットはチェックアウト(FOになることね)すればそこそこお給料をいただけますが、逆に航空大学校のときは「学校にお金を払っています」し、会社に入っても地上研修中はあまり給料は良ろしくない・・・(え?うちだけ?いや、みんなもらってませんよたぶん。笑)

だいたいそんな時に限って、航大の同期や先輩、そして大学時代の同期が結婚式をあげるんです。笑

めでたいことなので、もちろん全力で祝福しますが・・・ご祝儀や交通費、さらに2次会などで必要なのは「先立つモノ」でございまして。。。

3ヶ月連続で結婚式に呼んでいただいた日には、もう本当にジリ貧生活でございます。(1円単位で金勘定をして、クレジットカードフル活用してました。)

パイロットってパッと見華やかですが、実情としては育成されるまでに時間がかかりますし(4年は見といたほうがいいです)、その間は無休・もしくは薄給での生活となります。

親が太いお坊ちゃまお嬢ちゃまでしたら、生活に困るということはないんでしょうが・・・私みたいな一般家庭で育つと、この時期がまあきつい。就職した直後で、なにかと入り用な時にこの結婚ラッシュが来たときは、死ぬかと思いました。

お金がないからといってバイトをしようにも、航空大学校はバイト禁止ですし、そもそも訓練に入ってしまうとバイトなんかしている余裕はありません。笑

ってことで、パイロット訓練生はどこかしらで辛酸を舐めることになるという、ご忠告。笑

決して「おい、パイロットなんやろ?もらってんやろ?おごれや笑」みたいな絡みを訓練生にはしてはいけませんよ?

僕みたいに非常に悲しい顔になってしまうこと、うけあいです。(僕は当時の給与明細を見せて黙らせました。笑)

パイロットの結婚相手は?CAさん?

さて、そんなパイロットの結婚相手ですが、よく「CAさんと結婚するの?」と聞かれます。

まあ結果から言うと、当たらずといえども遠からずなのですが、よく聞くのは・・・

①航大に入る前の、大学時代から付き合っている彼女(長いですね〜)と、就職を期に結婚。

②航大時代から付き合っていた彼女(いわゆる「宮崎の女」です)と、就職を期に結婚。

③地上研修中に地上職員(GSとかね)に捕まって、訓練に行く前に結婚。(逆に訓練挟んじゃうと別れる傾向あり)

これらを経て

④FOやっている時にCAさんとくっつき結婚。

っていう流れでございます。(時系列順に書いています。)

ということで、CAさんとくっつく前に色々とトラップ?があるので、まあCAさんまでたどり着くかどうか。

ところで、なぜかパイロットのみなさん「宮崎の女に捕まった」だの「地上研修中に捕まった」だの言って、遠くを見つめてしまうのはなんででしょうね。笑(色々と思うところがあるのだと思います。触れませんが。笑)

パイロットって上でも書いたとおり、育成期間が長くてその間ジリ貧生活なので、まともにお金もらえるようになるのは30手前だったりします。だから年齢のこともあって結婚を急ぐ人が多いですね。(男でも30前に結婚したいとかあるんですかね?)

・・・ということで、なんだかんだCAさんと結婚することもあるパイロットですが、「CAさんと結婚する」というと聞こえはいいんですけどね・・・結局「会社の同僚と仲良くなって結婚した」っていうのが感覚的には正しいと思います。

世間一般では未だに「CAプレミアム」がありますが(合コンで大人気ですよね笑)、我々からすれば仕事の都度顔を合わして一緒に仕事をする「同僚。」でしかありません。(制服姿に見飽きて、たまに見る私服姿のほうが個人的にはドキッとします。笑)

まあそれでも健全で年頃な男女が一緒に仕事をしていたら、仲良くなって付き合うというのは普通の流れなんじゃないかと。

ってことで、うちの会社ではCAさんと結婚するパイロットが多いですね。(FOもCAさんと付き合っているのが多いです。)

パイロットとの結婚生活

しかしながら、パイロットとの結婚生活って大変だと思います。

国内線・国際線問わずだいたい月の1/3〜半分は、まず家に帰ってきません。

先日大阪で震災が起きましたが、そんなことがあって家族が被災してもその時どこを飛んでいるか・・・わかったもんじゃありません。

「亭主元気で留守がいい」とはいいますが、本当にそれを実践してます。笑

また家にいる時もやれ「もうそろそろ身体検査だから・・・健康に気をつけなくては」だの「今度チェックがあるから・・・今日は部屋にこもって勉強するね!」だの、正直僕が専業主婦だったら「なに、この夫・・・面倒くさ!笑」ってなると思います。笑

まあその対価として比較的恵まれているお給料を頂いているので、個人的には文句はないですが・・・それもあってパイロットとの結婚生活は大変そう。

だからですかね、結婚率は高い(友達の男性CA曰く、「どんなにハゲててブスでも指輪はしてるよね。」と笑)ですが、離婚率もべらぼうに高いのがこの仕事だったりもします。(周りを見渡したら、離婚調停に詳しい人が何人かいます。笑)

ということで、今回はそんな方(結婚を早まってしまうパイロット)へこの本を一回読んでほしいと思います笑

ではまた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です