投資って怖くないよ!




前回の記事「ええ!パイロットなのに、そんなお金の知識しかないのかい!?」ではお金の知識(マネーリテラシー=マネリテ)の重要性を言いました。

今回から実際にどんな知識があって、何をすべきなのか少しずつ解説します。

今回はざっくりとですが、「投資について」です。

まず「投資」ってなんだろう

投資(とうし、investment)とは、主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す(現代において、生産能力の増加しない商業活動はこれに含まない)。広義では、自己研鑽や人間関係においても使われる。…wikipedia(笑)

wiki情報ですみません笑

まあでも、大体の意味はこれであっています。大事な部分は「資本の増加を目的とし、現在の資本を投じる活動」ということです。

つまり、お金じゃなくても良いんです。資本だったらなんでも良いんです。

例えば自己投資を考えましょう。

私は20代前半という、一生のうちのかなりの貴重な時間(若さという資本)や、勉強(努力という資本)を費やして、将来の資本(航空大学校入学、ひいてはパイロットになるという目標)を手に入れました。

お金の投資も一緒です。現在の資本(お金)を投じ、将来の資本(お金)を増やすのです。

でも株ってこわくない?

あれでしょ?沢山のモニターの前でず〜っとにらめっこしながら、数円単位でお金を何度もやり取りしているイメージですよねw

あれはデイトレードといって、株の取引手法の1つでしかありません。

A36ボナンザ(航大の訓練機)だけみて飛行機怖い!って言ってるようなものです笑

そもそも銀行預金してますよね?あれも1種の金融商品への投資ですよ?その証拠に利息もつきますよね?(まあ、ほぼ0ですがw)

あとは我々の年金。あれも投資で運用されています。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)っていう機関が運用(つまり投資)して増やしています。

グラフ

どうでもいいですが、上が年金の運用結果です。何回か減ってますがトータルではめちゃくちゃ増えてますよね。これが投資です。

僕達が知らないだけで、JALもANAもいろんな会社の株を持ってますし、運用(=投資)しています。

どうですか?まだそんなに株って怖いですか?

我々の退職金も、これからは投資する時代へ

まあどんなに投資がこわかろうが、これからは避けては通れなくなりました。

というのも、我々の退職金もこれからは、自分で運用しなくてはいけない時代になってきたからです。確定拠出年金と言います。これはまた別の記事にします。

つまり、「どちらにしても投資の勉強は避けて通れないんだし、だったらちゃんとして損しないようにしようぜ!」ってことです。

でも投資の勉強は面倒くさい…笑

まあ、たしかにめんどくさいです。

ちゃんと個別株(トヨタとか任天堂とかの株)を自分で選んで買うなら、財務諸表読んでIR読んで分析して…とやることは山積みですね。おすすめしません。

ちなみに僕は、大学生の時にこれを真面目にやっていて、かなり時間を食いました(お金はそんなに増えていません。)

パイロットを目指している、もしくはパイロットの皆さんは忙しい(僕も忙しい笑)ので、こんなことは正直やってられません。

そんな人でも出来る投資手法があり、実際に私はその手法を行っています。

この手法は大きく勝つことはまずないのですが、負けがない方法です。

グラフ

上でもみせた年金機構の運用も、この手法を使っています。

大きなテーマなので、これは別の記事に書きます。

投資って怖くないよ!

投資をすると良いことがたくさんあります。

ぱっと思いつくだけでも

①世の中のニュースに敏感になる(新しい世界が見えてきます。)

②将来的にお金が増える(長期で見ればね)

③就活で使える(ってか経済情報に対して、アンテナはれない就活生ってどう思います?)

④「投資してる」ってだけでキャプテンと喋るネタが出来る(フライト中の話題には事欠きませんw)

などなど…

さあ、レッツ投資!笑

具体的なやり方は次回書きます。

ではまた。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です